知らないと損!「ラブホテルの清掃員」はどんな仕事

人間関係

女の子をデートに誘う。出会いを求めて街に繰り出す。外見を良くするために美容室に行く、服を買う。今年こそ恋人を作りたいと思ってアクションしようとしてる人は多いですが、これら全てにお金がかかります。
大学生、フリーターの男性に向けた実体験を元に職業紹介をします。

本日のテーマは【ラブホテルの清掃員】です。

 

ラブホテルとは

ラブホテルの歴史

私が説明するより下記の記事を見た方がよりわかりやすいので、参考にしてください。

日本にはなぜラブホテルがあるの?
ラブホテルは日本が生んだ文化——。そう語るのは、大学時代からラブホテルをテーマに選び社会学的なアプローチで研究してきた金益見さん。この特異な性愛空間の変遷について話してもらった。

ラブホテルは日本で生まれた文化と考えても良いでしょう。珍しい設備や外見をした所も探すと結構見つかります。

どこに多いの

ラブホテルにはお客さんが車を利用してくることが多いです。それにより、高速ICの近く、国道沿い、山地に多いイメージがあります。

ラブホテルとしての土地利用の許可が出るかどうかの観点からそのような場所に多いようです。

詳しい理由はこちらを参考にしで下さい。

高速沿いにラブホテルが多いのはどうしてですか?
高速沿いにラブホテルが多いのはどうしてですか?

どういうシステム

一般的なシステムとして(ビル型)車を止めて中に入ります。そうすると空室情報がパネルで載っているので選んで、キーを受け取り入室します。精算は部屋でするパターンとフロントでするパターンがあります。一度入ったら黙って外に出れないことが多いです。出たい場合はフロントに電話しましょう。

 

ラブホの清掃員とは(実体験)

仕事内容

私は国道沿いの、その地域では1番の高級ラブホテルでの清掃員のアルバイトをしていました。高級ラブホということもあり、1つ1つの部屋が物凄く大きいです。基本的には2人1組でペアを組みお客さんが出た部屋を掃除していきます。

1人が浴室、1人がそれ以外を清掃し、ベッドメイクは2人で行います。浴室だけだと簡単に思われるかもしれませんが、高級ラブホということもあり、浴室も広いです。また、帰ったばかりの部屋だと、最後に風呂に入ったりシャワーを浴びたりして帰っていくので、結露があります(季節によっても結露の量が変わります)。結露を全て取り、濡れていない状態にしなくてはなりません

部屋の掃除も装飾品などやたら置いてあると掃除が大変です。また、食事を綺麗に済ませてくれるお客だと良いですが、床にこぼしたりするお客さんも多いです。そうすると油がかたまったりしてるので汚れが取りづらくなっています。綺麗に使ってくれるお客さんだと部屋掃除は簡単です。

お互い協力し合いながらなるべく早く終わらしていきます。体を動かしているので、割と時間が経つのは早いです。

いかにもクリスマスなどは忙しそうですが、ほぼ入ったら翌朝まで泊まっていく人がほとんどなので、部屋が満室になり、掃除する部屋がなく案外暇です。

一緒に働く人の年齢

40代以上の主婦の方が多かったです。男性の方ももちろんいましたし、全体的に仲は良かったです。

良いところ

協力し合いながら和気あいあいと作業できるのが良いところでした。体を動かし、暇になることもあまりないので、時間が経つのが早く感じます。また、接客要素はないので、人前に立つのが苦手な人も問題なくできます

悪いところ

2人1組でペアを組んでやるので、苦手な従業員もローテーションでまわってきます。その時にストレスを感じること。また、若い男性だとおばちゃん達に可愛がってもらえますが、力仕事関係は全て回ってくるもんだと思っていいでしょう。若い女性は覚悟必要です。僕は女社会の怖さを見ました。

気をつけるところ

私は汚いことに関してはある程度免疫はありました。が、たまにそれを超えてくることもあります。

浴室清掃をしていて、何か臭うと思い排水溝の蓋を持ち上げると、排泄物が落ちてることがあります。初めて自分が片付けた時その後は1週間くらい引きづりましたが、人間慣れます。そのくらいじゃ何も感じなくなりました。

他にも浴室清掃では何か臭いもするし、足で踏んでる感触があったのでよく見たら嘔吐物だったこともありました(素足)。これが一番しんどかったです。

部屋掃除では、お客さんが出て部屋に入ってみたら、床か一面シャリシャリしてる感触がありました。ペアのおばちゃんが、「塩まいて清めて行ったね」と言っていました。部屋全体にをまいていく人もいるようです

また、ベットメイクをしてるときに足で何かぬるぬるしたものを踏んだ感触がありましたのでみたら、使用済みコンドームだった時もあります。

私はある程度、汚い物にも免疫があったので良いですが、潔癖な人は勇気のいる仕事だと思います。

 

まとめ

ラブホテルの清掃員は童貞や処女の人には厳しい仕事かもしれません。慣れれば問題ありませんが、多分気持ち悪くなると思います。理由としては、建物自体は浮気の巣窟ですし、テレビもアダルトビデオ流れますし、道具も置いてあります。

しかし、表方はキラキラしていても裏方は至って想像通りの職場です。接客が嫌いで掃除を好む人はやりがいのある職場ではないでしょうか。

私は仕事自体は結構面白かったと感じています。



コメント