最近話題の寝落ち電話について

恋愛関係

本日ラジオを聴いていたら知りました。最近の若い人の間で「寝落ち電話」というものが流行っているそうです。これをやることのメリットについて考えてみました。

本日のテーマは【寝落ち電話】です。

 

寝落ち電話とは

実態

寝落ち電話とは、夜寝る前に普通であれば「もう、寝るね。おやすみ。また明日。」と電話を切りますが、ずっと電話を続け相手が寝ても切らずに通話中のまま朝を迎えることです。

現代においてLINEなどの無料通話ができるシステムが一般的に普及しているからこそできる、カップルの遊びです。無料通話ができなかった時代では会話しないのに朝まで通話中なんてことは、料金がいくらかかるか恐ろしくできない遊びだったでしょう。

これをするメリットとしては、物理的な距離は離れていても、隣にいてくれてるような気持ちになるということです。電話相手の寝息やいびきも聞こえることがあり、精神的にリアリティがあるのではないでしょうか。遠距離してる人や、頻度多く会えない人はやってる人結構多いかもしれませんね。

 

問題点

ここで、問題になってくるのは寝落ち電話したことの自慢です。

たまにTwitterなどで目につきますよね。

「大好きな〇〇と電話してたら寝落ちしちゃった♡(通話時間がわかる画像も添付)」

私の周りの人に聞いた肌感覚ですが、こうした投稿は正直煩わしく、いちいち自慢しなくていいよと思ってる方は非常に多いです。SNSの使い方は人それぞれですが、今までそういう投稿がなかった人がいきなり彼氏、彼女が出来た途端にそういう仲良し自慢の投稿が多くなる人もいて、気づかないうちにフォロワーが減っていたりします。

昔何かの記事で読んだのですが、SNSで投稿すると脳内において快感を味わってるとのことです。欲求不満な人ほど例えばTwitterでのツイート数は増える傾向にあるということです。ツイート数が多い=欲求不満 ではないので注意してください。あくまでそういう一面の傾向があるだけです。会えない不満を自慢話の投稿をする事で解消してるのかもしれませんね。

 

メリット・デメリット

実際私も何度か寝落ち電話したことあります。その経験からメリット、デメリットを考えます。

 

私の考えるメリット

  • 会ってなくても一緒にいる気がする
  • LINEでは通話時間がトークに残るので思い出になる
  • 考え方によっては、自分に時間を使ってくれていることに対して愛を感じることができる

 

私の考えるデメリット

  • 快適な睡眠を得られない(画面がついて明るくなったり、音が聞こえたり、相手のことが気になったりする為)
  • 充電を怠ると朝起きた時、バッテリー残量が少ない
  • 相手の目覚まし時計の音で目覚めてしまう
  • いびきが聞こえて萎える(聞こえてもいい人は問題ないですが、私はわざわざ電話で聞きたくありません)

 

以上です。

私の中では、良質な睡眠を取れないことが多かったので、今はやっていませんが、若い人の中では流行っているようです。

 

まとめ

現代には現代風の愛情表現がありますが、くれぐれも寝ぼけて浮気相手などの名前を言わないように注意しましょう。

 

ネットにあった寝落ち電話の記事↓

「寝落ち電話」をSNS投稿するカップルの心理 | さとり世代は日本を救うか?
2015年、筆者らは「間接自慢」という言葉を創りました。これは、今の若者たちが、「直接的・ストレートにではなく、間接的・婉曲的に言いにくいことを表現するようになっている」という内容、意味です。『間接自慢…


コメント