マッチングアプリで実際に会うためのメッセージとは

恋愛関係

出会いを探す為にマッチングアプリを使う人は多くいます。各々目的はあると思いますが今回は恋愛を目的として、マッチングアプリでマッチした後から、実際に会えるまでの連絡の取り方を考えます。

本日のテーマは【マッチングアプリのメッセージ】です。

 

マッチしてから会うまで

マッチングアプリを使用してる人のほとんどは、会うことを目標にしています。その後のことに関して、各々目標(友達作り、恋人作り、セフレ作り、ビジネス等)ありますが、基本的な流れとしては

アプリ登録→マッチ→実際に会う→各々の目標達成に向けて

の流れになります。

今回は「マッチ→実際に会う」の攻略を考えたいと思います。実際に会うまでは、メッセージのやりとりが主になります。中には電話をしたりビデオ通話をする人はいますが、それはどちらかというと少数派です。

 

初めて送るメッセージ

メッセージの攻略方法として、悩むのがマッチして最初の一言目。

一通目を自分から送って相手からの返信なくEND、ということは少なくありません。せっかくタイプの人とマッチしたのに返って来ない、、、。と悩んだところでどうしようもないことなので、割り切りましょう。そこで、人によって良い、悪いは違うので、まずは嫌われるメッセージを確認します。

嫌われるメッセージ

  1. 「はじめまして。LINE交換しませんか?」                      いきなりアプリを離れたところで、メッセージしようとすると大抵の場合ブチられます。もう少し待ってからにしましょう。
  2. 「はじめまして。」のみ                              よっぽど、顔とプロフィールが相手の理想にマッチしてないとブチられます。
  3. 「はじめまして。飲み行きましょう!」                       悪くなさそうですが、いきなりは、軽すぎるので気をつけましょう。お酒好きな相手なら良いですが、経験上返信が帰ってこないことの方が多いです。

 

使えるテンプレ

「はじめまして。マッチングありがとうございます。〇〇と言います。〇〇市内で営業しています。(マッチングした人のプロフィールを読み)僕も〇〇が好きなので(嘘)、仲良くなったら一緒に〇〇しましょう。ちなみに、〇〇はどれくらいの頻度で行なっているのですか?」

私はこれを使っていました。

実際マッチ数が多くなればなるほど、プロフィールを見る手間がかかるので結構疲れます。しかし、これで返信が返ってくることも多かったので、悪くはなかったのかと思います。

 

達人の1通目

マッチングアプリを駆使して、色々な女性と会っている知人の男性に聞いた一言目を紹介します。

「はじめまして。よろしくおねがいします。」のみです。

え、それだけ?と思いました。

人によってやり方はあると思いますが、いきなりの連絡先交換、すぐに会おうとするのは総合的に考えて辞めといた方が無難です。

 

決めセリフ

メッセージを重ね(1日2、3通を1週間くらい続ければ良いと思います)実際に会おうと思ったのであれば、決めセリフを送ります。私の場合はカフェが好きなので、

「休みの日、もし良かったら実際に〇〇さんに会ってお話ししたいので、一緒にカフェに行きませんか?良いところ知ってますよ^ ^」

が、多いですね。良いと言われたら、

「いつ都合がいいですか?〇〇日はどうですか?」

「当日合流できないと嫌なので、電話もできるLINE交換しませんか?」

この流れでLINEもゲットです。

後は当日までに関係が悪くならないように気をつけてメッセージを続けます。ペースは変えません。

 

まとめ

マッチングアプリで会うことを目標にした場合、最初のメッセージで失敗しないことが1番重要です。それとマッチはしてもブチられることが多いので、レスポンスが良い人をメインに会えるように対応していきましょう。



コメント