嫌な女性の対処法を知ってストレスに打ち勝とう

人間関係

普段女性と遊んでいて、一緒に仕事をしていてイラッと感じることはありませんか?

イキなり態度が急変したり、嫌味ったらしいことを言ってきたり、上から物を言ってきたり、陰口を言ってきたり、、、

もちろん男性でもそういう方はいます。ただ、そういう方が女性に多いという感覚があります。

 

そこで本日のテーマは【嫌な女性の対処法】です。

 

 

嫌な女性の対処方法

女性陣どうしで人の愚痴を言って盛り上がってることはよくあります。それを聞いているあなたはどうでしょう。明日は我が身、自分をネタにされるのでないか、自分がいないところではネタにされているのではないか。また、理不尽なものの良い方をされたり、無責任なことを言われたり、男性同士の会話ではあまり起こりえない言われ方もされます。

そんな時あなたはどうしますか?

 

我慢する

本音ではないにしろ一言「はい。わかりました。」と相手に合わせる方法があります。机を叩きたくなるほどのストレスを感じることがありますが、それを乗り越える自信のある方は我慢でなんとかなります。知り合いの男性の話によると、我慢をできるようになると、理不尽なことを言われても笑顔で「はい。わかりました。」と言えることになるそうです。

しかし、多くの人がこれを実践し、ストレスを溜め込んでいる気がします。

 

反発する

相手の言ってることが理解できない、理不尽で納得できないということであれば、当然反発する権利をあなたは持っています。その際やってはいけないこととしては、論点をずらさないということです。ズレにズレると人格否定や普段の習慣の否定にまで発展するので、収拾がつかなくなります。私の知り合いには、納得できないことには従わないというタイプの人がいます。当然反発します。しかし、話が飛躍しすぎて論点がずれるので、苦労しているようです。

そうは言うものの、我慢するよりは言いたいことは言えたり、納得できてから行動できたりする為、反発することはストレスは我慢するよりは少ないです。

 

興味を持たない

嫌な話が聞こえても右から左に受け流します。メンタルが強い人でないとできません。一般的な人は一見受け流してると言っていますが、少なからず自分自身で消化しているので、ダメージが発生します。受け流すことができるというのは、極論自分には関係ないことだと思ったら耳にシャッターをし音を弾き返すイメージです。話を振られても、聞こえないフリではなくて無視です。聞こえないフリは、聞こえているので自分で少なからず消化しているのです。

やり方は、相手に興味を持たない一択です。自分は自分、あなたはあなた。一緒にして欲しくないのスタンスです。

 

接触を控える

これはどちらかというと最終手段です。その面倒くさい嫌な人達との関係が良くなることは今後なくなります。また、日頃避けているとたまに接触した時のダメージがいつも以上に多く感じます。

会話を聞かない会話をしない会わない

これは他人になると同じ行為なのであまりお勧めはしません。このタイプも知り合いにいましたが、自分はいいかもしれませんが周りに与える悪影響は大きいです。「〇〇さん私のこと避けてない?」や、「〇〇さんは私の話は理解できていたのかな?」という、会話を本人ではなくて周りの人間にします。それを覚えておきましょう。当然周りの人はいい思いはしませんし、良いと思っている人が、嫌な人たちサイドに吸収される可能性があることを忘れずに。

 

まとめ

反発が1番おススメです。改善に繋がる可能性もあり、少しの間の関係悪化を乗り切ればより仲も良くなるし、腹を割って話せる関係を築くことができます。



コメント