カップルのイベントを理解してぼっちのプレッシャーに耐えよう

イベント

日本には楽しいイベントが多くあります。その中でもカップルや、恋人同士を対象にしたイベントも多い事実もあります。

クリスマスを1人で過ごすことが不愉快に感じてたので、強引に女性とお付き合いした経験があります。その後、すぐに円満に別れましたが。

イベントが与えてくるプレッシャーに焦ってお付き合いしても、イベントが終わった後、別れる未来が待ってるのことを容易に想像できてしまいます。

そこで、日本のカップル向けのイベントの本来のすべきことを理解することにより、ぼっちでも精神的に病むことなくイベントを乗り切りきろうというのが本日のテーマ【イベントの理解】です。

 

カップルのイベント

初詣(1月)

年が明けて、なにも考えずに初詣に行った時がっかりします。カップルの参拝者が非常に多いです。年始から不快な気分になります。

そもそも初詣とはカップルの為のイベントではありません。

初詣とは、年が明けてから初めて神社や寺院などに参拝する行事。一年の感謝を捧げたり、新年の無事と平安を祈願したりする。(引用 Wikipedia)です。

では、何故カップルが多いのでしょうか。

それは、デートに出かける為の口実で、神社を経由しているからです。その後の何かが熱いことが多いです。

 

1人で初詣に行った際は目的を意識しましょう。

デートスポットに独りで来てしまったと考えてはダメです。カップルを見に来たのではありません。彼女ができる祈願に来たのです。

今は耐えて自分に彼女ができたら存分にデートスポットとして利用してやりましょう。

 

 

バレンタインデー(2月)

世間がばたつく日ですね。私としては日本のバレンタインデーは無くしてもらいたいです。誰が喜んでチョコ渡してるんですか?

男性はお返しが発生するので、社交辞令か何かわからない義理チョコを配るのは、本当にやめてもらいたいです。

 

バレンタインデーは海外発祥の文化です。

日本では、女性から男性に愛の意味を込めてチョコレートを渡すのが一般的ですが、これは日本特有のものになっています。

海外では、男性から女性に花束を渡す。が一般的になっています。チョコレートを渡すようになったのは文化というよりは、チョコレートを作ってる企業の販売戦略と考えて相違ないでしょう。

因みに、ホワイトデーは日本が作り出した文化です。海外にはありません。

 

今年チョコをもらえなかったあなたは何も恐れることはありません。

そもそもチョコって何?バレンタインデーは花だろ!

と思って忘れて下さい。チョコをもらって喜んでるのは勘違いミーハー日本人だけです。

(もらえれば、嬉しくなってしまうものですが、、)



 

夏祭り(サマーシーズン)

夏祭りは特に嫌いです。

人が混んでてまっすぐ歩けないし、屋台はぼったくりみたいな金額で商品出してるし、

何より、カップルがうじゃうじゃいます。浴衣デートですかね?

夏まつりとは、夏季に行われる神社の祭り。疫病・災厄などをはらう祈願から発生したものが多い。(引用 コトバンク)

カップルは花火とインスタ映えしか考えていません。参加してる祭りの歴史なんて何もしりません。良い写真が撮れればそれでいいのです。

 

夏まつりカップルを見て悔しくなったらナンパしましょう。やり方はコツがあります。

「おねえさん。いっしょに花火見ませんか?」とただ声をかけてもダメです。

まず、焼きそばを買います(重要:1人だと多い量)。それを持って女性に近づき食べれないから一緒に食べませんかの趣旨で声をかけます。以上です。

火傷しちゃうくらい暑い夏にして下さい。

 

 

クリスマス(12月)

1年で1番嫌いです。外に一歩も出たくないです。そして、クリスマスソングも聴きたくないです。とは言っても、動かなければなりません。

 

そもそもクリスマスはキリスト教の文化です。キリスト教圏では、日本と違いクリスマスは家族と過ごし、自宅で過ごすことが多いようです。

そして、恋人同士のプレゼント交換というよりも、家族などにプレゼントを渡すことがメインです。

 

日本のクリスマスは、街中にクリスマスソング(ラブソングが多め)が流れ、「クリスマス商戦」言葉あるように、ここぞとばかりに店が賑わいます。いろんなものがクリスマスメニュー、クリスマスセットになっています。

正直恋人がいない身からすると大分ウザいです。

 

対処法、クリスマスホームパーティを開きましょう。同性の友達で構いません。ケーキなんていりません。チーズとワインと肉があればそれでいいのです。

今年のクリスマスはこれで乗り切りましょう。

日本人ならもう一週間我慢して、正月の餅つきに専念しましょう。

 

 

まとめ

イベントを理解してもカップルの多いイベントには打ち勝てないかもしれません。しかし、何も意味が分からず参加してるカップルより、あなたはこの記事を読んで知識がつきました。優越感に浸りながらかわしていきましょう。

 

今後のあなたの人生に幸あれ



コメント